スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

早期殺処分を確認=日向市長と口蹄疫対策協議―農水副大臣(時事通信)

 宮崎県の口蹄(こうてい)疫問題で、政府の現地対策本部長を務める篠原孝農林水産副大臣は11日、初の感染疑いが10日に出た同県日向市の黒木健二市長と市役所で会談し、早期の封じ込めに成功したえびの市の対策を模範とした殺処分・防疫措置を行うことを確認した。
 会談後、副大臣は記者団に対し、新たに感染疑いが発覚した日向市や都城市での対策について、発生農家周辺の家畜へのワクチン接種や予防的殺処分は現時点では行わない考えを表明。その上で「えびの方式でやるしかない」として、同市のように、感染疑いが出た農家の家畜の早期殺処分を徹底して進める方針を示した。
 一方、黒木市長によると、副大臣に対し農家への補償について要望を伝達。副大臣からは現行の防疫態勢に関し、一般車両への消毒をより厳しく行う考えなどが示されたという。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕口蹄疫 宮崎牛に大きな被害
〔用語解説〕「口蹄疫対策特別措置法」
口蹄疫、非常に危険な状態=農水相
宮崎、日向両市の豚・牛も「陽性」=口蹄疫拡大、対応策の見直し急務
口蹄疫、「まん延防止に努力」=農業白書

民主が全国幹事長会議を17日に開催(産経新聞)
小沢氏側近の松木氏、菅氏の小沢外し発言に不快感(産経新聞)
<強盗傷害>男性殴られ重傷 愛知・豊明(毎日新聞)
雑記帳 南アW杯での勝利願い「我居るど勝歩弁当」 宮城(毎日新聞)
奄美で震度3(時事通信)
スポンサーサイト

強盗殺人未遂容疑で36歳男逮捕=コンビニで店員刺す―警視庁(時事通信)

 東京都豊島区のコンビニで2007年、男性店員(21)が刺され、重傷を負った事件で、警視庁捜査1課などは1日、強盗殺人未遂容疑で、板橋区蓮根、アルバイト八木橋孝容疑者(36)を逮捕した。
 同課によると、容疑を認め、「消費者金融に300万円の借金があり、金に困っていた。(刺した)ナイフはすぐに捨てた」と供述しているという。
 逮捕容疑は07年11月22日午前3時半ごろ、豊島区千川のコンビニで、男性店員に刃物を突き付け、「金を出せ。早くしろ」と脅迫。もみ合った際に左胸を刺し、重傷を負わせた疑い。 

【関連ニュース】
自衛官少年、強盗強姦容疑で逮捕=女子高生を駅トイレで
女子高生、強盗なだめナイフ取り上げ=後日呼び出し、男を逮捕
高齢女性殺害、男に無期懲役=「とっさの犯行」
歌舞伎町で3600万強奪=地下銀行資金か-2人組が男性襲う・警視庁
民主議員の事務所に刃物男=40分立てこもり現行犯逮捕

首相「社民党から新閣僚も当然視野にある」(産経新聞)
<普天間移設>首相に知事冷ややか 訓練分散賛同は大阪のみ(毎日新聞)
普天間移設 鳩山首相、福島消費者相を罷免へ(毎日新聞)
口蹄疫特措法が成立へ=政府の迅速対応を後押し(時事通信)
子ども手当申請で職員に暴行=男逮捕、「制度おかしい」―滋賀県警(時事通信)

【チャイム】鬼太郎が中部空港に(産経新聞)

 ◇…米子空港(鳥取県境港市)と中部国際空港(愛知県常滑市)を結ぶ航空便の利用促進と鳥取県PRのため、漫画「ゲゲゲの鬼太郎」の妖怪キャラクターたちが22日、中部空港で観光パンフレットを配布した。

 ◇…ちゃんちゃんこ姿の鬼太郎とおなじみのねずみ男が4階イベントフロアに現れると、すぐに子供たちに取り囲まれて写真撮影を求められるなど大忙し。人間界での妖怪人気を見せつけ、“出張営業”は大好評だった。

 ◇…米子空港は今年4月、鬼太郎にちなんで「米子鬼太郎空港」との愛称がつけられた。航空不況の中、ANAは中部-米子便の廃止を検討しているが、鳥取県は存続を求めており、妖怪パワーで米子便の存続はなるか?

近現代史教科書に“自虐”記述 神奈川の独自科目、検定の盲点(産経新聞)
あかつき打ち上げ 「パーフェクト」 拍手と歓声で見送り(産経新聞)
「日本列島丸ごと再現」虚構に満ちた仮想空間ビジネスにメス(産経新聞)
<男性遺体>トイレのマンホール内で発見 新潟・上越の公園(毎日新聞)
<子ども手当>「満額」に異論噴出 黙り込んだ長妻厚労相(毎日新聞)

大企業サラリーマンら負担増?改正健保法成立(読売新聞)

 75歳以上の後期高齢者医療制度に対する支援金を、高収入の人がより多く負担するよう算定方法を改める改正国民健康保険法が、12日午前の参院本会議で与党などの賛成多数で可決され、成立した。

 来週にも施行される。

 改正法は、2010~12年度の3年間、支援金総額3・6兆円のうち3分の1に関し、定額だった負担を被保険者の年収に比例する負担に変える内容だ。同時に、中小企業のサラリーマンらが加入する全国健康保険協会管掌健康保険(協会けんぽ)への国庫補助を10~12年度、13%から16・4%に引き上げる。

 その結果、協会けんぽは850億円の負担減となる。一方、大企業のサラリーマンらが加入する組合健康保険は500億円、公務員らの共済組合は350億円の負担増となり、保険料増につながる可能性が出てくる。

 健康保険組合連合会によると、組合健保の10年度の赤字額は、今回の措置がなくても6600億円と過去最悪になる見通しで、同連合会では「負担を肩代わりさせられるのはおかしい」と反発している。

 この日の採決でも野党の自民党が反対し、同党の中村博彦参院議員は「一時しのぎのつけ回しだ」とする反対討論を行った。

大阪維新の会、同数で最大会派に 自民ベテラン府議が離団(産経新聞)
殺人 65歳の男女2人刺され死亡 京都・長岡京市の路上(毎日新聞)
<殺人放火>住宅全焼、遺体に外傷 千葉・八街 (毎日新聞)
政策、理念は置き去り…参院選候補、民主、自民など各党とも著名人頼みの傾向(産経新聞)
挙党一致を強調=党役員、閣僚にも指導力求める-民主・小沢氏(時事通信)

<普天間>鳩山首相 「5月末決着」変更なしを明言(毎日新聞)

 鳩山由紀夫首相は6日、米軍普天間飛行場移設問題の決着期限を「5月末」とした自身の方針について「変えるつもりはまったくない」と改めて強調した。米国、移設先の地元自治体、連立与党の3者の合意を得る、としていた「決着」の中身についても「変えない」と明言した。官邸で記者団に答えた。

 また、首相は4日の沖縄県訪問の際、県内移設を求める要因として挙げた在沖縄米海兵隊の抑止力について「北東アジアが完全に安全になったとは言い難い状況で、日米同盟の重要さは変わらない。海兵隊は即応性、機動性が大変な特徴で、その意味での抑止力は存在している。在日米軍全体の抑止力もある」と意義を指摘した。

 一方、祖父の故一郎元首相の墓石に黄色の塗料が付けられた事件に関し、首相は「私を批判するのは大いに結構だが、その批判は私自身が受けたい。先祖の墓にそのようなことをやることだけはやめていただきたい」と話した。【倉田陶子】

【関連ニュース】
普天間:県内移設表明を批判…共産党・志位委員長
普天間移設:首相、地元説得の継続確認
普天間移設:首相「県外」断念表明、市長、住民らは反発
普天間移設:首相、沖縄・徳之島案を表明
普天間移設:首相、県内案を表明 沖縄知事に「負担願う」

反捕鯨団体捜査 豪法相が協力表明(産経新聞)
ジェイテクト、井川副社長が順当に社長昇格(レスポンス)
雑記帳 五十鈴川の伏流水使った「横丁サイダー」人気(毎日新聞)
「手口は『2ちゃんねる』で知った」 高速料金ごまかした男を逮捕(産経新聞)
<シニアカー>事故ご用心 歩行者に追突、加害者に(毎日新聞)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。